長生炭鉱  山口県宇部市西岐波(にしきわ)大沢


 国道190号線から入ってすぐのJR宇部線踏切を渡ると目の前に墓地と懐かしい感じがする古びた 木造家屋が目につく。その辺りが長生(ちょうせい)炭鉱があった場所である。国道沿いと違って、炭鉱があったこの海岸沿い は開発が遅れ、それが逆に昔の懐かしい風情を残す結果となっている。

 長生炭鉱は大正3年に開坑され、800名の鉱職員を擁していた時もあったが、昭和17年2月の水没事故により閉山した。炭鉱のあ った海には排気と排水の役目を持ったピーヤが2本残り、その下の坑道には犠牲者183名が今も引き上げられないまま眠っている。 近くにはその慰霊碑が建ち、また、辺りには今もわずかながら旧炭住が残っている。

 長生炭鉱は宇部炭田のひとつで、長生炭鉱に隣接して北側の新浦地区には新浦炭坑があった。宇部炭田は周防灘の海岸線に沿っ た浅い地層に存在するため、その新浦炭坑においても大正9年に海水浸水で34人もの死者を出す事故を起こしている。
 そのほか西岐波には上ノ原・宮浦・東郷・万宝という名の炭坑があったらしい。

旧炭住(2005年7月27日撮影)

車庫の裏に坑口が残る(2005年7月27日撮影)  

旧炭住に残る坑口(2005年7月27日撮影)

坑口から延びている炭車のレール(2005年7月27日撮影)

閉鎖された坑口の中の様子(2005年7月27日撮影)

旧鉱業所(2005年7月27日撮影)

旧鉱業所の中の様子(2005年7月27日撮影)

旧炭住(2005年7月27日撮影)

 家の中から顔を出す年配の女性があり聞いてみた。「ここは元炭鉱社宅であった所で、 今はアパートとして借りている。家主さんの家はすぐ隣で、元炭鉱主だった。」と教えてくれた。

BACK NEXT