天道炭鉱  福岡県嘉穂郡穂波町楽市 (2005年7月29日撮影)


写真中央が大将陣山、その左が明治天道炭鉱のボタ山(昭和58年発行福岡県航空写真集より)

 「穂波町ものがたり 炭鉱編」という本の中に、「大谷坑の道を挟んで東側に墓地があり ・・・炭坑で働いていた人たちの無縁墓・・・この墓地を天道炭鉱がとりまとめ、大将陣の東側上がり口の近くに大き な墓碑を建てている」という箇所がある。
 その場所を訪ねてみたいーそう思った私たちは、「穂波町ものがたり」を基に大将陣山東側を歩いた。そして近所の 人に聞くと、「それはあの辺」というので、大体の位置は判るのだが、そこへ行く道がどうしても見つからない。「穂 波町ものがたり」を作成した穂波町教育委員会に尋ねても「実は私も行ったことはないのです」と言う。

 その本によると、大将陣山(標高112m)周辺における石炭採掘は明治20年代に入ってから。
 日清戦争(明治27年〜28年)後の明治29年から30年頃にかけて、楽市炭坑、西ノ浦炭坑、太郎丸炭坑、久保白炭坑等の 小ヤマが林立していった。しかし日露戦争(明治37年〜38年)後、炭鉱は竪坑時代に入り、機械化され、それについて行 けない小炭坑は姿を消していった。
 昭和10年、野上辰之助による野上炭鉱天道鉱業所が開坑。昭和12年4月頃、新東邦炭鉱株式会社に譲渡合併。昭和14年 再び野上鉱業株式会社に売却。昭和17年にはまた再び東邦(とうぼう)炭鉱株式会社に譲渡。
 昭和20年5月、国の政策に従って明治鉱業が東邦(とうぼう)炭鉱を買収。昭和29年、大栄鉱業株式会社に譲渡。大栄 鉱業株式会社大陣炭鉱として昭和40年まで続いた。そしてこれが天道周辺炭鉱の最後となった。
 小ヤマの炭の積出し拠点として明治34年12月から営業を開始し、昭和25年頃は年間60万人の乗客が乗り降りしていた 天道駅も今は無人駅と化した。

 現在、ボタ山も取り崩され、炭鉱の面影はほとんど見られない。そんななか、無縁墓の探索をあきらめかけていたとき、 ひとりの元炭坑夫に出会った・・・。

戦地から帰国後、天道炭鉱に入ったという酒井さん。その 足元には石炭トロッコの車輪が。

酒井さん宅近くに天道炭鉱の墓碑へ至る入口があった・・・

野上天道鉱業所の墓碑

 「今は行かないほうが無難」と酒井さんに止められたが、私たちは草木生い茂る藪の中へ入った。薮蚊 に襲われながら数十メートル進むと「大きな墓碑」が目に入った。その周辺には炭坑で働いていた人たちのものと思われる無縁墓 もあった。穂波町教育委員会も知らなかった場所である。後で知ったことだが、ここは第二豊満炭鉱(楽市炭坑系統)の坑夫納屋 跡でもあったらしい。

「昭和10年8月建立 野上天道鉱業所」とある

大将陣山頂上付近に残る天道炭鉱時代の遺物ー上水道用タンク

BACK