嘉穂劇場  福岡県飯塚市飯塚5番23号


 大正11年1月、「中座」(嘉穂劇場の前身)が開場。昭和5年7月台風により倒壊、中座は解散した。
 それにより昭和6年2月嘉穂劇場として落成され開場。木造鉄板葺き入母屋造2階建。明治末期から昭和初期にかけて筑豊地方 には多くの芝居小屋が建てられたが、現存するのは嘉穂劇場のみで、2002年3月には江戸時代の歌舞伎様式を伝える芝居小屋 として飯塚市登録有形文化財の指定を受けた。
 炭鉱労働者の娯楽施設として繁栄し、石炭最盛期の1956年には公演年間343日を記録しているが、閉山とともに公演日数 は減り、最近は年間30日程度だった。しかし現在、炭鉱を物語る貴重な文化遺産となった。
 JR新飯塚駅から歩いて約30分。遠賀川沿いにある。

(2004年8月4日撮影)

 松竹映画「男はつらいよー幸福の青い鳥」の中の一シーンで、フーテンの寅さんが「おばちゃん、 通りすがりの者だけど、ちょっと中をのぞかせてもらっていいかな」とここ嘉穂劇場を訪れている。しかし現在、2003年7月の 九州北部豪雨による水害をまともに受け休業、各方面からの支援を受け工事中であった。

(2004年8月4日撮影)

 筑豊の空に唯ひとつ 何も言わずにドッシリと 右にボタ山眺めつつ 遠賀の川を忍び見て
 心の光弾きせながら 歴史を語る ああ ああ 嘉穂劇場  (嘉穂劇場援歌より)

 筑豊炭鉱の記録画を描きつづけた明治生まれの採炭夫 山本作兵衛(享年92歳)の記念祭が、昭和60年11月24日、ここ 嘉穂劇場で催されたこともある。

BACK