国鉄志免炭鉱 その1  福岡県粕屋郡志免町


 明治22年、志免炭鉱は海軍の軍艦の燃料を目的として開坑され、太平洋戦争敗戦まで海軍が石炭を 採掘してきた。しかしそれまでは、日本帝国海軍は英国炭を輸入していたことから、それでは有事の際にはゆゆしい問題であると して、明治19年、英人技師を招いて全国各地の炭質を調査し、その結果筑豊炭田が選ばれたという。

 終戦後は、昭和20年12月から「運輸省門司鉄道局志免鉱業所」として発足し、門司鉄道局所管となったが、翌21年12月からは運 輸省直轄の経営に移った。同時に政府は、石炭業界に対して資金・資材・住宅・食糧・衣類などの面で著しく優遇した。しかし政 府は占領軍と共にその分増産を強く要求し、所長以下労働組合も一体となって労働強化に耐え、与えられた生産目標をこなして行 った。
 同24年6月には、日本国有鉄道法施行により「日本国有鉄道志免鉱業所」と改称され、国鉄の蒸気機関車のために石炭を採掘した。
 志免町は昭和27年の人口が2万人を超え、その半数近くが炭鉱関係の人々で占められていた。しかし、昭和39年7月、遂に閉山と なり、75年の歴史を閉じたのである。

 その間の昭和33年から翌年にかけて、国鉄志免炭鉱民間払い下げの問題があり、国労志免支部をはじめとした九炭労、公労協、 福岡県総評、日農、社会党などの支援を受けた共闘部隊7000人と福岡県警2000人とが対峙するという激しい阻止闘争があったもの の、結果的に、その閉山まで一貫して国営の炭鉱であったことが志免炭鉱の大きな特徴となっている。
 (参考文献:「志免町史」「炭労」)

日本国有鉄道志免鉱業所 (昭和58年福岡県航空写真集より)

竪坑櫓(1999年6月28日撮影)

 高さ52.5メートルのコンクリート製。竪坑の深さ430メートル。この竪坑櫓の形はランディングタワー 型と呼ばれ、三井三池炭鉱四山坑第一竪坑やぐらと同一の構造物であったが、三井三池四山竪坑やぐらが平成8年9月解体されたこと により、同所の竪坑櫓は日本で唯一残存する櫓として、いまや貴重な産業遺産となっている。
 しかし、ここで工事をしていた関係者の話によると、志免町としては保存するだけの予算もなく、取り壊したいそうであるが、 隣接している住宅への影響を考えると爆破して取り壊すことも容易ではなく、「自然にこのまま朽ちるのを待つ」という考え方で あるという。

(1999年6月28日撮影)

 

排気用斜坑(1999年6月28日撮影)

 写真のように、坑口がY字型をしていることは珍しい。なお、その後解体された。

同上(1999年6月28日撮影)

第8坑連れ卸坑口とボタ山(1999年6月28日撮影)

BACK NEXT