黒ダイヤが語る旧色街・栄町  田川市伊田 (2007年4月2日撮影)


 最盛期4万だった田川市の人口は、昭和39年3月、三井田川炭鉱が閉山する と25,000人に減り、市の財政は破産寸前となった。「産炭地はこれまで石炭のために苦労もし、日本の発展のため に随分つくしてきたはずだ。その挙げ句は使い古しのゾウキンのように見捨てられ、残されたのはボタ山と鉱害と失業 者と貧困だけ」と、当時の田川市長は怒りをぶちまけた。
 それから43年、2007年3月末現在の田川市人口は52,564人となったが、見る限り、街はまだまだ当時の賑わいを 取り戻したとまでは言えない状況のようである。



 写真奥に見える2本の大煙突は三井田川伊田坑跡。現在は、昭和58年3月開館 された田川市石炭資料館となっている。
 その手前信号交差点を左折すると田川伊田駅方向であり、その間の道筋は、飲み屋が建ち並ぶストリート街となって いた。「炭鉱があった頃は、炭鉱労働者等で賑わっていた」という。しかしいま数軒が営業するのみで、廃屋が目立つ ストリート街となっている。

廃屋が目立つ飲み屋街

廃屋が目立つ飲み屋街

古きよき時代を語る栄町

 先の信号交差点を右折し、少し歩いていくと大きな二股がある。この二股を右に 入ると、両側に豪華な構えの家々が多く建ち並ぶ。ここが栄町。1階に格子窓、2階に手すり。「ここが色街であった 名残り」であるという。大正末期から昭和初期にかけての建物であるらしい。これら古い時代の雰囲気を残す家々が、 かえっていま新鮮に思えてくるから不思議である。

古きよき時代を語る栄町

 ここへ案内してくれた人がおもしろいことを言った。「交差点から駅寄りの飲み屋街は 料金も安く炭鉱労働者等で賑わっていたが、交差点から山手側へ坂道を高く上るにつれて料金も高くなる色街だった」 と言い、「三井鉱山幹部職員らによる接待場所にもなっていた」そうである。

古きよき時代を語る栄町

「青春の門」

 私が田川で一泊したビジネス旅館「梅若荘」も、昔は色街の料理旅館屋だったという。
 吉永小百合・仲代達矢・小林旭・田中健 ・大竹しのぶ・関根恵子などが出演した映画「青春の門」のロケは、昭和49年、 この旅館を中心にして行われた、と店主が語る。写真のサイン色紙はそのときのもので、その他にも、エノケン・ロッパと並ぶ三大 喜劇人として知られた柳家金語楼(昭和47年病死)、力道山(昭和38年死亡)、黒柳徹子等、数え切れないほどのサイン 色紙が大切に残されていた。
 料理旅館として賑わっていた梅若荘も炭鉱閉山を境に利用客が減っていき、1989年(平成元年)にビジネス旅館に改築、 現在は近くにある大学関係者の利用が多いという。「お宅みたいに観光客として来るお客さんはめずらしい」と言われた。

料理旅館時代の名残りを残す「梅若荘」の元宴会場

BACK NEXT