平成筑豊鉄道 撮影地・福岡県田川郡赤村赤 (2003年9月撮影)


 明治28年、北九州と田川、伊田、添田などの産炭地を結ぶ鉄道として豊州鉄道が開業。その後、 明治34年に九州鉄道に合併され、のちに国鉄田川線となった。そして、同田川線はJR九州を経て、一時廃線路線となるとこ ろであったが、平成元年4月26日、沿線11市町村が中心となって第三セクター方式により平成筑豊鉄道株式会社が設立、同年 10月1日、経営がJRから移管され、現在に至っている。
 平成筑豊鉄道は、伊田線(直方〜田川伊田間16.1km)、糸田線(金田〜田川後藤寺間6.8km)、田川線(田川伊田〜行 橋間23.6キロメートル)の3路線からなる。
 伊田線には、昭和26年頃、「ボタやま快速」という名の列車があった。また、田川線は当時、田川地区の石炭を苅田港に 運ぶために施設された鉄道であったという特徴を持っていた。

九州で一番古い石坂トンネル

九州で一番古い石坂トンネル。第1石坂トンネル(延長33m)と第2石坂トンネル(延長74m) がある。建設にあたっては、ドイツのプロシア国有鉄道機械監督だったヘルマン・ルムシュッテルによる技術指導を得た。 複線化を念頭に建設されたが、結果的には単線で使用したまま今日に至っている。レンガ構造となっており、九州最初の鉄 道トンネルとして記念すべき存在である。
(赤村役場産業振興課)

平成筑豊鉄道 源じいの森(げんじいのもり) 駅

福岡県田川郡赤村赤所在。赤村は田川地区の市町村で唯一、炭鉱関連施設がない地域となって いる。同駅を下車して数分の所に自然学習村「源じいの森・ほたる館」およびふるさとセンター「源じいの森温泉」があり、 人気を得ている。

車掌車「ヨ9001」

 昭和43年に日本国有鉄道で開発された日本初の100km/hで走行できる車掌車「ヨ9001」。 2両あった内、唯一現存している車両。全長6.18m、幅2.67m、高さ3.63m。筑豊地区の石炭貨物列車に連結されて活躍して いた。自然学習村「源じいの森」保存。

BACK