三井山野炭鉱 その1  福岡県嘉穂郡稲築(いなつき)町


 かつて三井山野炭鉱で賑わった稲築町の人口は2004年11月末日現在で約2万人。しかし、明治31年 に三井山野炭鉱が開坑され、「石炭」が「黒ダイヤ」ともてはやされていた時代、人口も4万6千人を越えていた。その三井山野 炭鉱も昭和48年3月閉山。かつての賑わいも稲築町から遠ざかっていった。

JR後藤寺線 下鴨生駅(2000年3月27日撮影)

 「下鴨生」と記して「しもかもお」と読む。かつて炭鉱で栄えた筑豊地方の栄枯盛衰を見ているよ うな木造駅舎である。後藤寺線は、筑豊本線・新飯塚駅〜日田彦山線・田川後藤寺駅間を結ぶ総延長13km余りの非常に短い路線 で、列車は1時間に1本程度しかなく、現在無人駅となっている。昭和31年に建設された。

旧三井山野炭鉱社宅案内図(2000年3月27日撮影)

 稲築町平に所在する旧三井山野炭鉱社宅案内図。現在は町営住宅として活用されている。同案内図の 上部左寄りに「プラスチック工場」と記されている所があるが、ここに「旧炭鉱職員クラブ」があった。

五坑鑛夫倶楽部(2000年3月27日撮影)

 この旧炭鉱職員クラブは「五坑鑛夫倶楽部」と呼ばれ、炭鉱の従業員の福利厚生施設(娯楽施設)と して建てられたもので、踊りや芝居などが行われていた。

 三井山野鉱業所発行「山野」第38号(昭和4年6月15日付け)に、次のとおり「五坑鑛夫倶楽部新築」の記事が掲載されている。

 【本     館】木造平家建洋風 屋根は黒色石綿スレート葺 壁内部腰廻り竪羽目ペンキ塗 大壁及天井とも木摺漆喰仕上  外部見打ちペンキ塗
 【附属家屋及便所】木造平家建和風

  ◎建  坪 総計86坪57(本館:64坪75、附属日本間:15坪 附属便所 6坪82)
  ◎工  費 総額8100円

 建築にあたっての工夫として「内部の構造については、舞台に一段と手を尽くし、イルミネーションにはシーリングライトに 加うるに青赤白の三色ボーダーライト以てし、これらを自由に切り替え得る様スイッチの装置を施し、光度及び色合いを調整し て常に舞台に現れる場面に適当した光をなげるよう・・・。」と記載されている。

 なお、昭和10年2月には、倶楽部隣接の地に図書館が新築されている。図書館は洋風ペンキ塗りのスマートな建物で、1階 23坪25、2階20坪。読書室は、15畳の日本間で床の間には違い棚をもち、広縁には安楽椅子が設けられるなど、気分良く閲覧され るように工夫されていた。(2004.12.15 稲築町役場)

(2000年3月27日撮影)

(2000年3月27日撮影)

(2000年3月27日撮影)

2004年10月末頃、旧炭鉱職員クラブは取り壊された(写真提供:奥永さん)

BACK NEXT