大堀鉱山  滋賀県彦根市正法寺町


 中山道の芹川にかかる大堀橋の北詰に"大堀山"がある。地図には"鞍掛山"と記載されてある。 鳥籠山(とこのやま)とも言われている。大堀町に隣接している。頂上までわずか10分ぐらいの小さな山であるが、街なかに鉱 山があったことが驚きでもあった。

 2001年11月9日、この鉱山で働いていたという方を偶然知ることが出来た。大堀橋の下でゲートボールにいそしむご老人に声を かけてみると、その中の1人がかつて大堀鉱山で働いていた人だった。付近にお住まいの馬場さん(73歳)。その方のお話による と、馬場さんのお父さんが芹川から田畑に水を引き込む作業中マンガン鉱を発見、昭和16年〜同26年まで稼動。馬場さん自身も終 戦直後中国から引揚げてきて働く所もなく、父親が営む鉱山を手伝った。その間落盤で生き埋めになり九死に一生を得たこともあ ったという。最終的には鉱業権者を第一カーボン株式会社(東京都千代田区)へ譲ることになった。
 昭和33年6月1日現在の大阪通産局管内鉱区一覧にはまだ第一カーボン株式会社による大堀鉱山の名が記載されていたことから、 この頃まで操業されていたことが思料される。 


(2001年11月9日撮影)

 大堀山。頂上には「明治45年4月27日為・陸軍参謀演習御見学」の記念碑がある。
 左端が中山道で向こうが彦根市方面。手前が芹川。もう少し上流へ行った所では象の化石などが発見されている。

登りはじめて間もなくの所に坑口がある(2001年11月9日撮影)

前記場所の下方の所にも坑口があった(2001年11月9日撮影)

登山道とは反対側のJR新幹線側にある民家の奥に坑口が2箇所あった(2001年11月9日撮影)

鉱山事務所跡(2001年11月9日撮影)

柵の内側にある立て坑跡(2004年11月撮影)

BACK NEXT